醍醐寺の桜2023のライトアップ情報!混雑状況やおすすめルートも紹介

醍醐寺の桜2023のライトアップ情報!混雑状況やおすすめルートも紹介
  • URLをコピーしました!

いよいよ2023年のお花見も本番の時期。

全国的に20日過ぎには開花が始まる地域も出てきますね。

京都のお花見の名所でもある醍醐寺の桜の開花はいつ頃になるのでしょう。

醍醐の桜」としても有名な醍醐寺。

豊臣秀吉が愛した桜のお花見やライトアップの素晴らしさなど、とても有名ですよね。

2023年は醍醐寺のライトアップはあるのでしょうか。

混雑情報や、混雑の回避方法なども知りたいですよね。

他にも広い醍醐寺の境内のおすすめの回り方や、お花見散策としておすすめのルートなどご紹介して行きます。

目次

醍醐寺の桜2023のライトアップ期間や時間は?

2022年醍醐寺の春の特別夜間拝観は3月19日(土)~2022年4月4日(月)に行われたので2023年もこのあたりを予想しています。

期間を区切って二箇所でライトアップが行われますよ。

2022年3月19日(土)~2022年3月25日(金)には三宝院の夜間拝観、夜の太閤しだれ桜と庭園のライトアップ。

2022年3月27日(日)~2022年4月4日(月)は霊宝館庭園のライトアップ。

霊宝館は、しだれ桜の後には八重桜も楽しめますよ。

入場時間

18:00~20:00(19:30受付終了)

人数制限を取りながら事前予約の方を優先しつつ行われるので安心ですね。

おすすめポイント

三宝院・・・豊臣秀吉公が自ら設計した三宝院庭園。表書院(国宝)から見ることが出来ます。

霊宝館・・・夜間の風景は特別美しいと評判です。庭園内のフレンチカフェも営業しますよ。

御朱印・・・春の夜間拝観限定御朱印(書置き)を授与していただけます。

拝観料・・・2,000円(小学生以下無料)
五大力尊特別守護守付きとなります。

病魔退散」「除災招福」の願いがこめられた五大力尊特別守護守を頂けるのはとてもうれしいですね。

醍醐寺の桜2023のお花見混雑状況は?

醍醐寺の花見といえば京都の「さくらの名所100選」に入る人気の高いスポットです。

混雑状況

毎年4月の第2日曜日に開催される豊太閤花見行列には身動きが出来ないくらいの混雑振りです。

境内はかなり広いので、お花見だけ楽しもうとするなら土日を除く平日の午前中などおすすめですよ。

なるべく早い時間帯の方が混雑を避けられます。

特に、駐車場は混雑するので、公共交通機関で行くのをおすすめします。

混雑を避けるなら春の特別拝観もおすすめ

醍醐寺のお花見は混雑を避けて、平日午前中に行ったとしても桜の満開時期は人が多く見るのが大変なときが多くあります。

行ってみて人が多くて断念、ということにならないよう、人数制限があり予約も出来るお花見はいかがですか?

春の早朝特別拝観

なかなか早朝にお花見する機会はないですよね?

事前申し込み制で早朝貸切となっています。

実施期間と拝観時間

  • 実施期間:2022年3月25日(金)~4月10日(日)
  • 実施時間:8:00~9:00(受付終了8:30)

一般拝観の開始前の時間帯に下醍醐エリアの「伽藍」のみ貸切で拝観できます。

こちらはJR東海が主催するサービスとなります。

詳しくは一番下のまとめにリンクがあります。

春の夜間特別拝観

春の夜間特別拝観では人数制限&事前予約可能で人込みを避けて「醍醐の花見」を楽しめますよ。

拝観期間・拝観時間と定員

  • 拝観期間:2022年3月19日(土)~2022年4月4日(日)
    ※3月26日を除く
  • 18:00~ 150名
  • 18:00~ 150名
  • 19:00~ 150名

HPより事前予約をして頂き、三宝院受付で、17:00から受付が開始されます。

人込みを避けてライトアップされた桜を見るなんて贅沢してもいいのでしょうか。

夜になると気温もぐっと下がりますので、暖かい格好で行ってくださいね。

予約HPは一番下のまとめにリンクがありますよ。

この情報2022年のものです、2023年の情報は随時更新していきます。

醍醐寺内の回り方は?

醍醐寺は上醍醐、下醍醐と呼ばれるエリアに分かれており、200万坪以上ある広大な敷地になります。

そんな境内を事前リサーチなく「お花見いこー」と行ってしまうと、おすすめのスポットへいくことなく疲れてしまう、なんてことになりかねません。

効率よくきれいな桜が見れる回り方をご紹介します。

桜を見るなら下醍醐だけ回るのもおすすめ!

そういわれるほど下醍醐の桜は圧巻な景色です。

下醍醐とは

伽藍・三宝院・霊宝館の3つのエリアの総称です。

画像出典:醍醐寺公式HP

有料エリアですが、今回は下醍醐のみを回って「醍醐の桜」に圧倒されましょう。

三宝院

三宝院の受付で拝観料を支払います。

そのまま三宝院の桜を見ていきましょう。

三宝院内には、豊臣秀吉公がお花見のために増築したという「表書院」があります。

表書院バックの桜の写真もとても素敵ですよ。

霊宝館

醍醐寺の桜といえば、霊宝館の「醍醐大しだれ桜」ではないでしょうか?

樹齢180年の大木です。

他にも推定樹齢100年のソメイヨシノは同種として京都最古の大木で高さが11mもあるそうです。

圧巻ですね。

そして、「醍醐の花見」の最後を飾る白山大手毬もこの霊宝館にありますよ。

金堂

豊臣秀吉が着工したという金堂です。

この金堂が醍醐寺の中心のお堂となっています。

もちろん国宝ですよ。

この金堂横の桜がまた趣があってすばらしいのです。

五重塔

五重塔をバックに淡いピンクの桜をみると、来た甲斐がありますよね。

下醍醐のエリアはどこを歩いてもきれいな桜の景色が臨めます。

シダレザクラ、ソメイヨシノ、ヤエザクラなど、いろんな桜の種類があるので、時期も長く楽しめますよね。

醍醐寺の桜2023の花見おすすめ観光ルート

醍醐寺まで遠出してお花見に行こうと思っている方も多いのではないでしょうか?

そうすると醍醐寺だけ行くのももったいない!

電車を使ったルートや、歩いて醍醐寺に向かうルートまで。

醍醐の桜を最大限楽しめるルートをご紹介します。

嵐山から醍醐寺ルート

嵐山から醍醐寺まで徒歩(約20分)と電車(乗車時間約40分)で移動するルートです。

徒歩と電車なので、渋滞にも巻き込まれずに桜の名所めぐりとしておすすめなルートですよ。 

嵐山徒歩天龍寺徒歩嵐山駅電車嵐電天神川駅徒歩地下鉄太秦天神川電車地下鉄醍醐駅徒歩醍醐寺

電車を途中で降りて観光名所に立ち寄ることも出来ます。

もちろん電車から見る景色も最高。

行きたい名所などがあれば、乗り放題チケットなどのお得な乗車券もありますよ。

詳しくは市バス・地下鉄案内所まで問い合わせをお願いします。

一番下のまとめにリンクを貼っておきますね。

勧修寺から醍醐寺ルート

徒歩のみで移動する約40分程度のルートです。

徒歩のみなので、自分のペースで寄り道しつつゆっくり満喫できますね。

勧修寺随心院醍醐寺

随心院は梅の名所です。

3月下旬であればまだ見られる時期ですので、勧修寺と醍醐寺の桜、随心院の梅と究極の春のお花見が出来ますね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次